_MG_2691_.jpg
黒ぼかし.png
黒ぼかし.png

| 製造の流れ |

昔ながらの製法で、手間暇惜しまず作っています。

| NOZAWAの醤油づくり |

2021-07-20_14-56-38_000.jpg

01  |  大豆は、新潟県産丸大豆を使用

flow_soy_img_02.png

02  |  自家焙煎の小麦

小麦はレンガ造りの麦炒機で自家焙煎することで、醤油が出来上がっても、芳ばしい小麦の香りが残ります。

flow_soy_img_03.png

03  |  塩は天日塩を使用

小麦はレンガ造りの麦炒機で自家焙煎することで、醤油が出来上がっても、芳ばしい小麦の香りが残ります。

_MG_2569.JPG

04  |  歴史ある木桶で仕込む

長年大事に使われてきた木桶で、熟成します。

_MG_2616.JPG

05  |  2度の夏を越えて

1年半から2年の期間、天然熟成させます。

_MG_2647.JPG

06  |  槽搾りにこだわる

酒造りに用いられてきた、圧搾機をいまでも使用しています。

 

| NOZAWAの味噌づくり |

2021-07-20_14-56-38_000.jpg

01  |  大豆は「あやこがね」を使用

flow_miso_img_02.png

02  |  麹づくり

味噌づくりで使われることの稀な酒造好適米で麹づくりをしています。

_MG_2631.JPG

03  |  歴史を感じさせる熟成蔵

_MG_2624.JPG

04  |  ワイン樽の役目をふたたび

ワインの熟成には使用されなくなった樽を、新たに味噌を熟成させるという役目を担ってもらいます。